風のフェスティバル2018

平成30年6月号のそよかぜのまち便りの挨拶で述べているとおり、平成30年6月1日で地域活動支援センターⅠ型そよかぜのまちが開所して10年になります。
そこで今年の風のフェスティバルは10th Anniversaryとして、6月15日(金)に開催いたします。
テーマの『つながり』は、出会った方々との「つながり」地域との「つながり」時間的な「つながり」など、様々な意味を含ませています。
各種催し物の開催時間については画像をクリックして閲覧してください。
風のフェスティバル2018

スポンサーサイト

平成30年6月のそよかぜのまち便りです。

九州北部が例年より8日早い(昨年より23日早い)梅雨入りをしましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
天候がすぐれない日が続くため体調を崩しやすい時期でもあります。体調管理はしっかり行いたいですね。
また湿度が高いのせいで気温が高くなったことを自覚しづらいと思いますが、確実に暑くなってきているので熱中症対策に水分補給をしたり適宜休憩したりすることも大事です。

さて、平成30年6月の便りが完成しましたのでアップロードいたします。行事予定などについては各画像をクリックして閲覧してください。
なお6月15日(金)の『風のフェスティバル』については、次のエントリを参照ください。

2018-06-01

2018-06-02

2018-06-03

2018-06-04

平成30年郊外バス研修

街行く人に、半袖姿が目立つ季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

平成30年5月18日(金)の社会福祉法人風の郊外バス研修は無事終了しましたのでお知らせします。
※プライバシーの都合上、今回アップロードする写真は小さいままです。すいません。

天気予報では雷を伴う激しい雨が降る予報で、出発直前にざっと雨が降ったので「天気予報通りの雨になったな。この分では絶景は楽しめないだろう」と半ばあきらめていましたが、最初の訪問地のJA糸島産直市場 伊都菜彩に到着する直前には日が差しはじめ、天気に対する心配は稀有に終わるかと思いました。
カンカン照り…とまではいかないものの、とても暑かったおかげ様でミルクいちご味のソフトクリームがとても美味しくいただけました。
ソフトクリームの甘くて柔らかい食感の中に、シャーベット状のイチゴが混じってシャリシャリとした食感と甘酸っぱい味がアクセントのように感じられる一品でした。
伊都菜彩01 伊都菜彩02

次の訪問地のマリンセンターおさかな村では海の幸定食をいただきました。
お刺身に陶板焼きや小鉢などがついてきて、ボリュームも満点の定食でした。ごはんのお代わりが自由ということもあり、大食漢な方は何杯もごはんを召し上がっていました。
おさかな村01 おさかな村01

しかし残念なことに、食事や買い物を終えてバスに戻るころに天気が急変して大粒の雨が降ってきました。
鏡山01

それでもなんとか最後の訪問地である鏡山西展望台の駐車場に到着すると、ほどなくして先ほどまでの雨が嘘のように止み、青空が見えるほどになりました。
鏡山02

これ幸いと急いで集合写真を撮って、さて絶景を楽しもうかな…と思う間もなく、再び雨が激しく降り出してしまったため、鏡山からのパノラマは一瞬しか楽しめませんでした。
鏡山03 鏡山04

その後、帰りのバスではオルゴールの音のヒーリングミュージックをBGMに帰路につき、途中でクジ(参加者に配ったパンフレットに記載の番号)による賞品のプレゼントを行いました。

天気的には残念でしたが、参加された皆さんが楽しまれたようなので良かったと思います。
このページのトップへ