FC2ブログ

令和2年7月のそよかぜのまち便りです。

梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年はコロナ禍の影響で、福岡の夏の風物詩「博多祇園山笠」が中止になりました。
博多で疫病が流行った際に始まったとされる博多祇園山笠(起源には諸説あります)なので、疫病が蔓延している今年の山笠を中止すというのは苦渋の決断だったに違いありません。
しかし、舁き山笠と飾り山笠など人が集まりそうなイベントを除く神事は例年通り執り行われており、6月1日(月)に新型肺炎の早期終息と疫病退散を願い恵比須流が”注連下ろし”の神事が、6月2日(火)に承天寺にて夏祈祷(大般若夏祈祷)が、それぞれ行われています。
なお飾り山笠は櫛田神社境内のみ作成されるので、7月1日(水)以降に三密に注意しながら参拝した折に見学されてはいかがでしょうか。
博多祇園山笠については山笠ナビをご覧ください。

さて、令和2年7月の便りが完成しましたのでアップロードいたします。
そよかぜのまちも徐々にですが各種行事を再開しています。
皆様と笑顔で再開できる日を心より待ちしております。
2020-07-01

2020-07-02
スポンサーサイト



令和2年6月のそよかぜのまち便りです。

入梅の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ようやくJリーグ・日本プロ野球などのプロスポーツのシーズンが始まろうとしたり、学校では2ヶ月遅い入学式が行われたりと例年の入梅の候とはいささか異るニュースが話題になって不安感を覚えると思いますが、衛生管理を意識的に行うことでコロナ禍であっても不安感を払しょくした普段通りの生活を営むことができるのではないかと思います。

さて大変遅くなりましたが、令和2年6月の便りが完成しましたのでアップロードいたします。
便りにも記載していますが、そよかぜのまちは5月26日(火)より再開しました。
当面の間は先日のエントリーにあげたような制限をかけさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、ご理解いただけますようにお願いします。
ちなみに便りの1面右下にチラッと書いていますが、6月1日でそよかぜのまちは12周年を迎えました。
今後とも皆様に安心して来所できる居場所づくりに努めてまいりますので、よろしくお願いします。
2020-06-01

2020-06-02

このページのトップへ